EP71-EP82-EP91と、3世代乗り継いだスターレットターボについに別れを告げました。
(トヨタが後継車を作っていれば、4世代目も有り得たけど、)

初代EP71は、初めて自分で買った車でしたが、2年程度乗ったあと、交差点での衝突事故により、泣く泣く廃車でした。

2代目EP81は、大学時代をほぼ共にした車で、サークルの星見で関東各地に行ったり、九州一週+西日本-東海道-東京と約1000kmの1週間1人旅で、日本各地の色々なところに行きました。6万km以上乗ったと思います。

3代目EP91は、就職して、仙台に赴任するときに購入しました。
長期休暇中の仙台-東京往復や東北地区の旅行に結構行きました。
東に戻ってからは、通勤使用が多くなり、距離は伸びませんでしたが、最終的には、123456km以上のトリップメータとなりました。
実質乗った距離は、9年間で4万km程度かな。

3世代17年に渡り、マニュアル車の小型FFホットスポーツ車として、色々と楽しませてもらいました。
ありがとう、スターレットターボ。

そして、これから付き合っていく新しい車として、フィットハイブリッドRSに出会いました。
初めてのホンダ車かつCVTなオートマ車です。そして、初めてディーラーで購入した新車です。
RSモデルなので、マニュアルという選択肢もあったのですが、相方のたっての希望でオートマにしました。
もちろん、試乗して、オートマでも十分楽しかったことと、燃費がより良いハイブリッド車というのもオートマにした理由です。

これから、よろしくお願いします。


野尻抱介氏の南極点のピアピア動画読了。
出張帰りの新幹線で読んでいたのだけど、プロジェクトX的な1章で何故か目頭が熱くなっていました。胸熱。マジ天使だった。潜水艦も熱かった。
短編集だけど、全体としては話がつながっていて、読み易くとても面白かった。
オープンソースハードウェアの概念をこの本で知り、興味を持った。

4月にCJMW (中国・杭州)に参加した時の日記のようなものを今更ながら、まとめてアップしました。
ソーシャル系のネットワークツールが使えなくて、暇だったのか、それなりの分量を書いていました。

今度の天津も行くことになってしまうのかしら。。。。

気づいたら、TJMWのTPC委員の委嘱状も送付されてきているし。。。
これは、きっとあの時にOさんの手帳に書かれたせいでしょう。

ものすごく久しぶりに、こっちに書きこんでみる。

「就活ビジネス」について調べてみた。

新卒で就職活動を始めた人と話していたら、こんなことを言っていた。
「"リクナビ"とかは全部無料で、リクルートの親切心で行ってくれているのでしょう。」

そんな訳、あるはずもなく、企業から掲載料を取っているはずと思い、少し調べてみた。
本体ではなく、パートナー会社のようだが、こんなページを見つけた。
http://www.4191.co.jp/media/lineup13.html

なかなかのよい値段ですが、大手企業からしたら物凄い額でもないかな。
もちろん、リクナビ以外にも似たようなサイトがいくつかあるから、それらにも掲載するなら×サイト数分の金額になるから、
最終的には結構な金額になるだろう。

最近、Facebookを使った企業の就活案内サイトが増えてきたのは、そのあたりの掲載料抑制を狙ったところもあるのかもしれない。

もう少し、調べてみたら、こんなサイトも見つけた。
http://blogs.yahoo.co.jp/ff6988m/55300238.html

その中で引用されているこの部分。非常に納得。特に最後の一文は確かにそのとおりかもしれないと思う。

「就活ビジネスは、新卒を一人「納品」すると、50万円程度の売り上げになる。
大学4年生が60万人として、3000億円の巨大市場が、GW前後の1ヶ月かそこらで片づくのだから実においしい話だ。
それに、就活で安定した就職が実現すると、人材産業は困ってしまう。
就活を事業としている会社は、ほぼ例外なく、第二新卒(最初の就職先を短期で辞めて、別の会社に就職すること)や転職ビジネスを手がけているので、それらのビジネスチャンスがなくなってしまうからだ。
就活による就職は、失敗するようにマーケット設計されているとも言える。」


特に、自分の場合は、それらをほとんど利用しない環境でここまで来ているので、余計に上記のように思うのかもしれないな。

まぁ、こんなことを言っても、就活中の人達は、それらサイトを使用せざるを得ない環境なのだろうから、
良いカモや踊らされすぎないように上手く使って就職活動を進めて欲しいと思う今日この頃。

CoreServer

| コメント(0) | トラックバック(0)

そんなわけで、XREAの期限がもうすぐ切れるのを契機に、上位サービスのCoreServerに移転してみました。

といっても、年額で100円上がるだけ。でも、サービスは100円以上の価値があるでしょう。

まぁ、そもそも使いきらないとは思うけど。。。

メーリングリストが運営出来るのはまぁ使えるかもしれない。

CJMW 帰国 4/24

| コメント(0) | トラックバック(0)
最終日。
これから、チャックアウトして、飛行場に向かいます。
直通の地下鉄があるようなので、それに乗っていくことになるでしょう。
1日くらい休暇を取りたいけど、月曜は授業・会議・提出書類等々仕事が山積みなので出勤です。GWに休み付け足したいけど、難しそうだなぁ。

CJMW 移動日 4/23

| コメント(0) | トラックバック(0)
上海への移動日。
出掛けに、日本からの留学生参加者にトラブル発生。
午前の飛行機だということで、もう一人の参加者Sさんと一緒に空港に向かったらしい。
その途中で、空港に関する話の内容が咬み合わくなったらしい。Sさんが何かに気づき、ホテルに居るK先生に電話。その人の空港は杭州空港ではなく、上海プードン空港の方だったとのこと。慌てて、ホテルに戻ってきて、M先生が緊急対応。とりあえず、タクシーに乗せ、プードン空港に向かうように手配。杭州から車で2時間くらいかかった気がするのだけど、間に合うかぎりぎりの時間。色々、M先生が運転手に頼んで、送り出していた。
彼は無事に空港までたどり着き、日本へ戻れたのだろうか。
国際会議にはなにか一つくらい大きめなトラブルがあるようだ。
自分も気をつけよう。

自分は大学のバスに乗り込み、他の日本人参加者達と杭州駅へ向かう。
そこから、新幹線に乗り上海虹裏空港駅へ向かう。
最大350km位出てました。40分程度で駅につく。
そこから、M先生の言われるがままに、地下鉄に乗り込み、付いていく。
泊まるホテルの名前と駅を教えてもらってないので、はぐれないように着いて行くのに必死でした。お願いですから、「大丈夫です」の返答のみではなくて、目的地を教えてください。
ホテルの近くの駅で案内をしてくれる上海大学の学生Yくんと合流。
昼食は、少し高めのレストランで食事。お腹いっぱい食べて、1人80元程度でした。お酒を飲んでないにしても、安いです。
上海で見学を予定した企業は先方の予定でキャンセルらしく、上海の繁華街等を学生YくんとM先生に連れられて散策。かなり歩きまわりました。Yくんは、博士課程でアメリカ留学を目指しているようで、聞き取りやすい英語で色々説明してくれました。
彼には学会でもお世話になり、上海も1日一緒に行動してくれました。
日本にいる場合、日本の学生さんに、同じことを頼んでもやってくれないだろうと思いながら、彼の素晴らしさに感動と感謝。
ブランド店がかなり入っているモールのようなところで、30分ほど自由行動。ブランド品には、ほとんど興味がない&コーヒーが飲みたくなったので、スタバへ直行。スタバの店員はよくトレーニングされているようで、グランデとかで通じてました。ただし、中国国内の物価からすると、アイスコーヒグランデで18元なので、かなり高い方になります。
夜は、上海で働く企業の人達と会食。ひとりは、M先生のところに留学していたNさん、もう一人もM社のNくん(本人曰く、飛ばされた)です。どちらも同じ研究室出身なので後輩にあたります。Nくんとは同じ時期に研究室にいたのでかなり久々に会いました。それにしても上海勤務になっていたとは驚いた。ちなみに週末はモンハンをしているらしい。
留学生だったNさんは、戻ってから結構なポジションについているようです。普通にGucciの時計してました。
高級店らしく、食事は非常に美味しかったし、魚も丁寧に調理されてました。ビールを結構飲んで1人240元程度でした。
その後、歩行者天国を抜けながら、夜景がきれいな川岸まで散策。2年前とは反対側から見ることが出来ましたが、人が多すぎて川が見えません。そして、突然、雨がふりだしたので、タクシーを捕まえてホテルに戻ることに。乗用車は視点が低いので、より楽しいドライブに。。。まぁ、無事にホテルにたどり着き、本日は解散。

部屋について、一息ついたところで、Rに国際電話。誕生日おめでとう。一つ借りということでお願いします。

歩き疲れたので、23時頃にはベットに入りました。

CJMW 3日目 4/22

| コメント(0) | トラックバック(0)
学会3日目。
朝8:15からスタート。
座長&発表です。Co-Chairが来ていなかったので、とりあえず、自分で自己紹介をしてから始めることにする。
発表は招待講演扱いだったので30分。英語で30分喋るのは初体験。
昨日の時点で全部覚えるの諦めて、パワーポイントの発表者モードを使用した。
おかげで早くなりすぎず、ほぼ程度時間通りに発表終了。
質問も何個か頂けたが、相変わらず質疑応答はダメダメでした。
K先生に助けてもらいながら、なんとか乗り切った感じです。

残りは座長のお仕事。前半は日本側参加者が多いので、ほぼ時間通り終了。
昨晩、突然予定が変更ということで、後半セッションは11件を2時間で収めることに。
ついでに、後半の座長までやるハメになるというとんでもない自体の連続。
まぁ、例によって、NoShowだらけで後半3件のみということで、発表者に対しては十分に時間が取れました。
ただし、質問はほとんどでないので、思いついたことを怪しげな英語で質問していました。
それなりに質問出来ていたのかなぁと思いながらも、
ある程度、予期した回答が戻ってきたので、通じていたということにしておきましょう。
そんなこんなで、時間内にセッション終了。本当に、NoShow対策はどうにかしたほうが良いと思う。

で、学会終了のセレモニー。
それなりに良いことはあるもので、PaperAwardを頂いてしまいました。
推薦していただいた先生方に感謝。

残りは、杭州にせっかく来たということで西湖を観光。
ただし、ガイドがほぼ中国語のみで英語無しといういことで、なにがどのようなものかはほとんど分からなかった。
景色はそれなりに綺麗。ホテルからの往復で中国の現状と西湖の周りで中国の歴史をなんとなく堪能しました。

夕食後、数名で近くのスーパーへ買出しに。
職場の人たちへのお土産やらお酒などを買い込んできました。
その後、ホテルのロビーで12時頃まで紹興酒とワインを飲みながら、歓談。
久々にぐっすりと寝れそうです。

明日は上海への移動日なので、そろそろ寝ることにします。

CJMW 2日目 4/21

| コメント(0) | トラックバック(0)
学会2日目。
朝から通常セッションに参加。
昨日と変わらず、NoShowが多く、発表率7/12で50%強。どうにかならないものですかねぇ。
そして、2年後もこのまま続ける意味はあるのかと思う。。。
大御所方が続けてきたものだから、継続しない選択肢を取るのは難しいのかもしれないけど、
他の各国Joint系会議も含めて、全体として、一度考え直したほうが良いと思います。

会議終了後、学会企画ということで、観劇に参加。
内容は子供向け?というか、子供連れが沢山いました。
全部中国語なので、内容はなんとなくしか分かっていません。
少々、中国語字幕?がでるので、それから類推。
なんか、色々なものからインスパイアされたような内容。
最後までキャラクターの位置付けがいまいちわからないものがあった。

さて、明日は発表&座長。練習をしてから寝ることにしよう。
それにしても、なんて健康的な学会。今日も一滴も飲んでいない。

CJMW 1日目 4/20

| コメント(0) | トラックバック(0)
本日から学会開始。
KeynoteSpeechは多くの聴講者がいたが、学生を動員した感じ。
それ自体は構わないのだが、携帯をマナーモードにしないのはなぜでしょう。
あちこちで、着信音がなっていた。学生以外でも鳴らしている人がいるし、会場で話しだす人もいる。
さすがに注意されて外に出ていたけど。。。

午後からはワークショップに参加。日本側企画なので発表者は全員日本人。
聴講者も日本人だらけ。それでも、英語で発表&議論。それなりに白熱して興味深く面白いものが多かった。

他の会場ではNo Showが続出だったようです。
レジストすらしていない人も多数らしい。もしこのまま、エクスプローラ等に載ってしまったら非常に問題だと思う。
明日以降もどうなることやら。

夜はレセプションに参加。
常温ビールがデフォルトです。頼めば、冷えたものも出てきましたが、あっという間に在庫切れになりました。
ちなみに今回は青島ではなく、緑雨というものでした。味はとてもライトで、自分には物足りない感じ。
あとは、初めて中国産ワインを飲んだ。こちらはそれなりな味。少なくとも日本の居酒屋ワインよりは美味しかったと思う。
紹興酒や白酒は出てきませんでした。

レセプション後、学内を少々探索。
21時頃だというのに、学生がかなりいました。
ちなみにこちらの新学期9月かららしい。
また、漫画研究会らしい立看や薄暗目の池の周りにはカップルらしい影がチラホラ。
この辺の風習はどこの学生も変わらないもののだと思った。

2013年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

Advertisements



ARCHIVES

Zeitgeist

imr-123 ホームアンテナ · flh9aab004.hyg.mesh. · 村田製作所 es105 · ts works · http www.ocn.ne.jp sup · ideos wimax · hi. this is the qmail-send program at cna.ne.jp. · トプコン t-com · hokkaido mcn kyo jp · au [is005 · 電車男 ts · tvt ne jp cable tv lineup 201 104 · adm-112 価格 · zeonex · http://www.ocn.ne.jp/sup/ · nrd-92 · 床 抜け · 図面記号 電気 phsアンテナ · ideos wifi環境でproxy超え方法 · http// www.ocn.ne.jp/ こえ10 · ideos wifi · ideos プロキシ設定 wifi · www.ocn.ne.jp/sup/ · assuran.co.jp/jp/ · www.assuran.co.jp/ · wav / 評価:68 アッカ · 円筒の共振周波数 · シリコンオクサイド 比誘電率 · au 通話中に切れる IS93 · net k7 fa2 jtb yahoo co jp · http://www.assuran.co.jp/jp/ · http// www.assuran.co.jp/ · TS-Z172 · ideos proxy · http://www.assuran.co.jp/ · 折笠 篤 · 導波管 テーパ モード変換 · ペプシマン 缶トッパー · 円筒 共鳴器 · android アプリ proxy · mt3 mt5 移行 · 空洞共振器法 · トヨタ px01 · 低損失給電構造 · ts-z172取り付け · redirect.sh android · http ://www.ocn.ne.jp/sup/ · 液晶テレビ 無線化 · サンヨー太陽系 · tsworks · ://www.ocn.ne.jp/sup/ · ts-z172 · nifco nf-2 · au is005 · 133.215.123.4 · TS 通話 · コスプレ ts パルス · sg230cn · ts タイムアウト · apex ビデオ送信機 · メガエッグ redirect · vb.net telnet 文字化け · OTA CNC WORK · bogs.dionne.jp proxy error · https://ssc2.//komatsu.co.jp · ジャニス p5215 · メルテック E-16 取り説 · 誘電率 共振周波数 ·